フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

1月下旬からバレンタインフェアを開催しているプランタン銀座へ足を運んできました。

2016年バレンタイン@プランタン銀座

出店一覧

プランタン銀座5階の特設会場には,今年もたくさんのチョコレートブランドが集まっています。

以下,出店一覧になります。
左側に★が付いているブランドは,試食やっています。

海外など高級ブランド系

・ピエール マルコリーニ
・ピエール・ルドン
★ガレー(とにかくおいしい。高級ですが)
★ローヤル オブ ジャパン(貴腐ワインにレーズンを漬け込みチョココーティングしている)
★ピエナ(ワインを液体のまま閉じ込めたボンボンショコラ。授乳中は食べられません!)
★レオニダス(大人気のオランジェットを試食させてくれます)
・フーシェ オリンボス
・スーザンロックフェラー
★ブリュイエール(生チョコ感たっぷりのトリュフの試食があります。ヘーゼルナッツ系です)
★ジャン フランソワ・ベー(こちらも生チョコ感たっぷりのトリュフ。フルーツフレーバーが強いです)
★ラ フェヴァリ(フランス系のチョコレート。生チョコ感たっぷりのトリュフの試食)
★クァウテモック(生チョコ感たっぷりのシャンパントリュフ)
★ラムール(生チョコ感たっぷりのトリュフは,スライスアーモンドがアクセントになっています)
★ディヴォア(生チョコ感たっぷりのトリュフ)
★デジレー(生チョコ感たっぷりのトリュフ)
★ヴォワザン(日本初上陸ブランド。他よりはカカオの味がしっかりしたプラリネ)
★デメル(おいしいプラリネをチョココーティング)
・チョコフィーノ(見た目がかわいい。ホワイトチョコが多い)
・ダニエル・メルシェ
・イヴ・チュリエス
・コンバース ショコラティエ
・ルクスショコラ
・ヴィラ
・ドゥルミアン
・ディーバライフ
★5thアベニュー チョコラティア(フルーツフレーバーが強いチョコです)
・ステットラー
★アンジェリーナ(有名なモンブランのマロンクリームの試食)

日本人がプロデュースしているブラントなど

★メゾン・ドゥ・イッテー(食後のコーヒー,紅茶に合うように,日本人の好みに合うようにつくられた正統派な感じの生チョコ)
・賛否両論(売り場を見つけられなかった)
・星果庵
・宇治園(抹茶生チョコ)
・ポント(和チョコ)
・ズーロジー(お子様も喜ぶ動物型のチョコ)
・ゴンチャロフ
・ビアンクール
・花まほろ 嵯峨乃彩

チョコレートの味の傾向

上記でブランド名の横に,一言コメントを入れましたが,それをお読みいただけるとおわかりいただけると思います。

海外の主流は「生チョコ感たっぷりのトリュフ」です。

生チョコではないので,常温保存できます。

しかも,保存期間も3月末とか4月末とか長いんです。生チョコではないとわかっているけど,こんなにやわらかくてこんなに日持ちするって・・・いったい何が含まれているんだろう・・・と正直な感想です。

生チョコではない生チョコ感たっぷりのトリュフばかり試食していると,カカオ風味がなさ過ぎてあまりおいしく感じられなくなってきます。

特に今年は,フルーツやココナッツなど甘めのフレーバーを強く効かせているブランドが多く,純粋なチョコレートが好きな人には,生チョコ感たっぷりのトリュフは不向きかもしれません。

結局のところ,日本で定着しているレオニダス,ピエールマルコリーニ,デメル,ガレーといったところか,日本人プロデュースや日本のブランドが安心できます。

私が選んだオススメ

●チョコフィーノ

2016年バレンタイン@プランタン銀座

試食はなかったので,味はなんとも言えませんが,パッケージやチョコレートの形など,見た目がかわいいです。

特にパッケージについているアクセサリーがとてもかわいく,娘さんがいるお宅にプレゼントするには適していると思います。(私も,女の子がいるお宅へのプレゼントとして購入しました。)

ちなみに,3024円のパピヨンジュエリーボックス(チョコは8個入り)を買うと,チョウのペンダントがついてきます。

●ヴォワザン

2016年バレンタイン@プランタン銀座

日本初登場ということで,最初に試食してみて印象がよかったブランドです。

淡い色や花柄,リボンで作った花をあしらうなど,かわいらしさが目立ちすぎるパッケージが多い中,
落ち着いた色合いが好感をもてました。

●メゾン・ドゥ・イッテー

2016年バレンタイン@プランタン銀座

京都先斗町のフランス会席禊川で食後の飲み物と一緒に出していたチョコレートが好評で,販売に至った商品だそうです。

試食してみると一目瞭然,食後のコーヒーや紅茶にぴったり,日本人がほっと休憩したいときに欲しいと思うお味です。

2016年バレンタイン@プランタン銀座

パンフに「とろけるような舌触りと後味の切れの良さが際立つショコラ」と紹介されている通り,見た目も味も正統派なトリュフチョコレートです。

ちなみに,イッテーというブランド名ですが,禊川のオーナーシェフのお名前がInoueTeruo氏だからではないか,と思われます。

2月に入ると,各地でバレンタインのイベントブースがオープンいたします。

時間があれば,またサーチしていきたいと思います。

フラワー工房Aki 岡田亜紀子