フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

今日はめずらしいお菓子2品をご紹介したいと思います。

東北銘菓『かもめのショコらん』と北海道銘菓『TSUMUGI』のご紹介

1.かもめの玉子のさいとう製菓

東北の銘菓『かもめの玉子』

皆さんも1度は召し上がったことがあると思います。

製造元のさいとう製菓は、岩手県大船渡市の会社で、岩手県山田町でボランティアのプリザーブドフラワー教室を開催した帰り、沿岸地域を応援しようと、かもめの玉子をたくさん購入したりしました。

その時も、栗が丸ごと1個、ごろっと入った『黄金のかもめの玉子』を買ったのですが、定番商品以外にも様々な商品が開発されており、2月のチョコシーズンに合わせて販売されていたのが、『かもめのショコらん』です。

黄金のかもめの玉子のオンラインショップ

山田町でのボランティアのプリザーブドフラワー教室

2.かもめのショコらん

上記写真の『かもめのショコらん』(6個入り)

チョコレート好きとしては、かもめの玉子の黄身餡部分がチョコレートになっているのではないか、、、と期待して購入いたしました。

食べてみて、、、
いい意味で予測と違うお味でした。

東北銘菓『かもめのショコらん』と北海道銘菓『TSUMUGI』のご紹介

チョココーティングされてつるつるです。

東北銘菓『かもめのショコらん』と北海道銘菓『TSUMUGI』のご紹介

パッと見たところ、洋菓子か和菓子かはわからない感じ。

洋菓子をイメージして一口食べてみると…中はチョコではない。和菓子です!

東北銘菓『かもめのショコらん』と北海道銘菓『TSUMUGI』のご紹介

中に入っているのは、白餡をベースとしたチョコ餡で、チョコレートの味ではなく、餡の味が勝っています。

お菓子のお供にコーヒーを用意しましたが、合うのは日本茶ですね。

3.白いバームクーヘン『TSUMUGI』

東北銘菓『かもめのショコらん』と北海道銘菓『TSUMUGI』のご紹介

北海道のお土産で定番中の定番といえば、『白い恋人』。

ちょっとめずらしいものがあったよ、といただいたのが、白い恋人と同じ石屋製菓の白いバームクーヘン『TSUMUGI』です。

東北銘菓『かもめのショコらん』と北海道銘菓『TSUMUGI』のご紹介

東北銘菓『かもめのショコらん』と北海道銘菓『TSUMUGI』のご紹介

「普通のバームクーヘンだって白っぽいじゃん」と思いながら開封すると、確かに真っ白です。卵が入った普通のバームクーヘンとは、明らかに色が異なります。

ホームページによると、『白い恋人』のホワイトチョコレートを丹念に生地に練り込みながら、しっとりと焼き上げたそうです。

確かに、食べてみると、パサパサしたりボソボソしたりせず、しっとりと滑らかです。

石屋製菓のホームページはこちら

♪♪♪♪♪

授乳中は、脂肪分の高いケーキを控えている方も多いと思います。

このようなお菓子は、気にせず食べられるし、赤ちゃんがお昼寝している間の息抜きにぴったりですね!

フラワー工房Aki 岡田亜紀子