プリザーブドフラワーでつくるウェルカムボードのアレンジメントのコツ

プリザーブドフラワーでつくるウェルカムボードのアレンジメントのコツ

フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

久しぶりに,お花の記事を書きます!

でも,4月中旬のこの時期,みなさん,どのようなことを知りたいかなぁと,ひとしきり考え・・・

ウェルカムボードのちょっとしたコツをお伝えしようと思います。

結婚式には必須なウェルカムボード

結婚式というと「6月」が定番でしたが,最近はそうでもない,と言われています。

何せ,日本の6月は梅雨真っ只中であるので,6月よりも晴天率の高い4~5月,10~11月に人気が集まっていると聞きます。

天気だけでなく,4~5月は連休もありますので,参列していただく方にもうれしいですよね。

そこで,親戚が,友人が結婚するということで,ウェルカムボードの制作を頼まれている方もいるのではないでしょうか?

ウェルカムボードのコツ~プリザーブドフラワーで~

ウェルカムボードを制作するプリザーブドフラワー教室を,ちょうど昨年,開催させていただいておりました。

例えば,その時の試作品をご覧ください。

w1

一般的な披露宴会場に立てかけるウェルカムボードよりは小ぶりですが,花をアレンジするときのポイントは,作品の大小にかかわらず,同じと言えます。

Point1 花で飾る位置を決める。
 ex)全面を花で埋める or 真ん中に写真などを入れ,周囲を花で飾る

全面を花で埋めるアレンジメントは,Boxアレンジメントと似ていますので,ここでは省略いたします。

写真などの周りを花で飾る場合は・・・

Point2 花を付ける位置の強弱を決める。

Point3 花の塊から,流れるような線をつくる。

Point4 花の塊同士,花材の種類や色味など共通点をもたせる。

試作品の写真をもう一度見ていただきたいのですが,,,

今,試作品では,左上と右下に花をアレンジし,あえて,右上と左下は空けています。(Point2)
そして,左上の花の塊からは右方向に,右下の花の塊からは左方向に,シダの葉を出して,流れをつくっています。

この「流れ」がないと,花の塊がすみにボン,ボンと付いている感じになり,「とってつけたような不自然なアレンジ」になってしまいます。(Point3)

もし,2か所ではなく,角4か所に花をアレンジしたい場合も同じです。

「流れ」をつけないと,4か所の花の塊がお互い独立した存在になってしまい,1つのボード内での統一感がなくなってしまいます。

花材の種類や色について

Point2とPoint3を守っても,

「1つのボードとしての統一感がない。」

「花の塊が,それぞれバラバラに見えてしまう」

ということがあります。

そのときは,花材の種類や色に注目してみてください。

例えば,試作品であれば,

Point3の「流れ」を作るときに使用している花材は,どちらもシダです。

どちらも,角から横方向に流すようにしています。

一番大きな花は,色は違いますがどちらもバラで,種類を同じにしています。

バラの後ろに入れている小花は,どちらも赤系の似た色をセレクトしています。

手前に入れている実物は,どちらも同じ種類,色です。

このように,統一感をもたせたいときには,

  • 種類を同じにする。
  • 色を同じにする。
  • 種類も色も同じにする。

のどれかを行うようにします。

そうすると,特に意識しなくても,統一感が生まれてきます。

実際,このときに参加者のみなさまが作った作品がこちらです。

w2

参考までに,生け花で,複数花器に行けたときの作品の写真をご覧ください!

w3

左右の器が,1つの作品の中に同居することを主張するために,器をどちらもガラス製にして,水が見えるようにしています。

そして,花材(バラ)を同じにしています。

ぜひ,ウェルカムボードをお作りになるときの参考にしてください!

ご質問などございましたら,こちらまでご連絡お待ちしております。

フラワー工房Aki 岡田亜紀子