プリザーブドフラワーのワイヤーの通し方~ヘアピンメソッド編~

フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

前回に引き続き,今回は「ヘアピンメソッド」というワイヤーの通し方(巻き方)をご紹介いたします。

プリザーブドフラワーの下準備が必要な理由

茎のない状態で販売されているプリザーブドフラワーをアレンジメントに使用するには,まず,ワイヤーを通してテープ(フローラテープ)を巻く必要があります。

ヘアピンメソッド

ヘアピンメソッドとは,その名の通り,ワイヤーをヘアピンのように折り曲げてからプリザーブドフラワーに巻きつける方法です。

プリザーブドフラワーの中では,主にアジサイなど小さな花をまとめるのに最適な方法です。

ヘアピンメソッド

(1)アジサイ(2個くらい)と,ワイヤーは28番の細いワイヤーを用意します。

白地巻きワイヤーでないほうが,最初はやわらかくやりやすいでしょう。
ブーケでなければ,ワイヤーの長さは1/3程度でOKです。

ヘアピンメソッド

(2)ワイヤーを,足の長さに長短のずれができるように曲げます。
(この長短のズレが,‘ヘアピンメソッド’と呼ばれる由来です。)

ヘアピンメソッド

(3)右利きの方は,花を左側に,茎と平行にワイヤーを置きます。

ヘアピンメソッド

(4)左手で写真のように持ちます。

ヘアピンメソッド

(5)右手でワイヤーの長い方を持ち,アジサイの茎とワイヤーの短い方を一緒にグルグル巻き込みます。

ヘアピンメソッド

ヘアピンメソッド

 茎の終わりまでしっかりワイヤーを巻きます。

ヘアピンメソッド

(6)フローラテープを準備します。
今回は白いフローラテープを用意しました。フローラテープの特徴や使い方についてはこちらの手順(3)をご覧ください。

ピアスメソッド同様,フローラテープは,ワイヤーを巻き始めたところを2~3回グルグルっと巻いて補強します。

ヘアピンメソッド

(7)ワイヤーの巻き始めを補強したら,その部分を左手で押さえて,フローラテープを右手前に引き,左手で花をクルクルっと右方向へ動かし,フローラテープを下の方まで巻きます。

ヘアピンメソッド

(8)フローラテープを,指2~3本分巻いたら終了です。

ヘアピンメソッド

もしわかりにくいことがございましたら,ぜひこちらまでご連絡ください

よろしくお願いいたします。

フラワー工房Aki 岡田亜紀子