バレンタインのプリザーブドフラワー教室 お客様の声

フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

バレンタインのプリザーブドフラワー教室開催後にいただいたお客様の声

アレンジメントの下準備

花屋でフラワーアレンジメントを注文すると,花は緑色のオアシスに挿してありますよね。

プリザーブドフラワーのアレンジメントでオアシスと同じ土台にあたるものは,「サハラ」と言います。

今回は,あらかじめ器にサハラをセットしておきました~(^o^)

準備

なので,皆さまには,バラやカーネーションにワイヤーを通してテープを巻いたり,ファーや羽,リボンやアジサイなどにワイヤーを巻いていただくところからやっていただきます。

これからスタート プリザーブドフラワー教室

初めてご参加くださった方々からは

「完成品しか見たことがなかったけど,お花の下がまさかこんな風になっていたなんて!」

と驚きの声が聞かれました。

そうなんです!

店頭に並んでいるプリザーブドフラワーのアレンジメントがちょっとお高いと思った方,おそらくその理由はここにあります。

だいたい,1時間くらいで下準備完了です!

次は,いよいよ,コーヒーカップに,カフェオレのようにアレンジメントしていきます。

いよいよプリザーブドフラワーアレンジメント

完成品の見本や材料については,バレンタインのプリザーブドフラワー教室(2月8日)をご覧ください。

アレンジメントのコツは,

  1. 大きいバラから挿していく
  2. ドキドキするけど,バラの下の部分がサハラに着くまでしっかり挿しこむ
  3. ラウンド型になるように,トップ部分から滑らかな線が描けるようにアレンジしていく

などなど,いつもと同じなのですが・・・

やはり2番目の

「バラの下の部分がサハラに着くまでしっかり挿しこむ」

ことは,慣れないと難しい作業です。

ここでしっかり挿しこんでおかないと,このあと,いくら頑張っても空間が埋まらないので,ひとりひとり,きちんと確認し,お手伝いいたします。

そのあとは,‘アレンジメント’とにかく楽しい時間です!

自然と笑顔があふれます。

プリザーブドフラワー教室の様子

プリザーブドフラワー教室の様子

みなさま完成いたしました!!!

プリザーブドフラワー教室の作品

今回は,会場がアットホームなワインバーICHIGOYAさんでしたので,ワインのコルクがたくさんあり・・・

アレンジメントに加えさせていただくことができました(^o^)

コルクのナチュラルな色合いが,カフェオレ系の色と相性がよかったです。

作り終わって、参加されたお客様の感想

ICHIGOYAさんのおいしいパスタランチをいただきながら,感想を伺いました。

  • 「何回も参加させていただいておりますが,今回もものすごく楽しかったです。」
  • 「ブラウン系のアレンジメントはめずらしいので,今回作ることができてよかったです。」
  • 「普段の仕事とはぜんぜん違う頭の部分を使った感じで,集中できてスッキリしています。」
  • 「いけばなやフラワーアレンジメントをやってみたときは,あまり納得がいく出来映えではありませんでした。けれど,このプリザーブドフラワーのアレンジは,決まった空間の中に花を入れていくので,初めてでもできる!と思いました。」
  • 「今日もいろいろな方と知り合えて楽しかったです。次のお教室も参加したいです。」
  • 「バレンタインのとか母の日のとか,誰かにプレゼントするのもありなんだけど,私は全部,作ったものは部屋に飾っています。最近,それを見て,これまで花に興味がなかった家族が『家に花があるっていいね』と言ってくれています。これからも花をどんどん飾っていきたいです。」

このほかにも,たくさんの喜びの声をありがとうございます。

お集まりいただいた皆さまに,改めて感謝申し上げます。

プリザーブドフラワー教室に参加されたお客様

花を通して生活を豊かにすることを提案し続けます

フラワー工房Akiでは,

  • 「誰もが簡単に花を飾れること」
  • 「誰もが気軽に花を楽しめること」
  • 「誰もが彩り豊かな生活を手に入れること」

が大切と考えております。

今回もさっそく,ご自宅に飾られたお写真をお送りいただきました!
プリザーブドフラワー教室のお客様からの写真
プリザーブドフラワー教室のお客様の写真

次は,母の日に向けたプリザーブドフラワーのお教室を企画しております。

ぜひ,ご参加いただければ幸いです。

もし,こちらまでご連絡いただければ,お教室の詳細が決まり次第,ご案内をお送りいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

フラワー工房Aki
岡田亜紀子