いけばなの出前授業@墨田区の小学校

いけばなの出前授業で用意した生花、千日紅 ・金魚草 ・ガーベラ ・アレカヤシ ・ヒカゲカズラ

いけばなの出前授業で用意した生花

こんにちは、フラワー工房Akiの岡田亜希子です。

今日は、いけばなの出前授業でしたde_01_1042.gif

今日いけばなの授業を行った、こちら墨田区の小学校では毎年小学5年生向けに、いけばなの出前授業をお申し込みいただいています。

今年度は、小学5年生は1クラス37名の児童に向けて、いけばなの授業をしてきました。

いけばなの作品は一人1作品を作りますので、今日は37名の児童が実際にいけばなを生けました。

いけばなの授業とは

授業なので、いけばなのテキストもあります。
そこには何十種類ものいけばなの型が載ってます。

でも、わたしのいけばなの授業は
いけばなのテキストに掲載されているような難しいことはいっさいなし!

いつも

「自分で考えて作る」
「自分の考えを表現する」
「隣の人と違うものをつくる」
「ものづくりの楽しさを実感する」

ことを重視しています。

なので、

「花は生きていること」
「生きているからお水が必要なこと」
「だから水切りが必要なこと」

を教えたらあとはフリー

最初は何をしたらいいのかわからずキョロキョロしたり
ただ花をいじっているだけの児童も多いです。

今日のいけばなの教材

今日のいけばな出前授業で、ご用意した花材は

  • 千日紅(センニチコウ)
  • 金魚草(キンギョソウ)
  • ガーベラ
  • アレカヤシ
  • ヒカゲカズラ

小学校の児童は、普段の国語や算数の授業とは異なる授業を受けます。

なので、今日は特に、自由に楽しく、自分から積極的に考え、
やりたいことを口にして実現することができるように、
花材にも気を配り、普段から馴染みのあるものから、
めずらしいものまでいろいろそろえてみました。

いけばなの授業内容

まず,花材のうちのいくつかは、一人一人に配布していません。

理由は2つあります。

一つ目の理由は、4~5人で班分けしてもらっていますので
水をくむ人、花をとりに来る人など役割分担をして、
「いけばな」という個人プレーではなく、
みんなでいけばなを楽しむ共同作業にしたいからです。

もう一つの理由は,初対面でわたしも児童も緊張しています。
アイスブレークではないですけど、緊張をほぐすために体を動かしてもらう。
わたしと児童の距離を縮めるために、直接わたしのところに花をとりに来てもらいたいからです。

実際にいけばなを生ける作業では、クラスには必ずと言っていいほど、
発想が柔軟で積極的な児童が数名います。そういう児童が

「先生、こうしたいんだけど、どうしたらいいですか?」
「こうしたいんだけど,うまくいかない」
「こっちとあっち,どっちがいいと思いますか」
「友達がいらないって言ったものも,使っていいですか?」

と、どんどん聞いてきます。
その児童たちにいろいろなアドバイスをします。
そうすると、隣で聞いていた児童がそれをまねたりアレンジしたり・・・

最終的には,一人一人が自分の考えで花を生けられるようになります。

いけばな授業の児童たちの反応

児童たちの反応で毎年多いもの。それは・・・

必ず「○○したらダメですか~?」と聞いてくる児童がいます。
「○○してもいいですか?」とか聞いてきます。
「○○したいんですけど」ではないところが、親や先生から怒られることや、
失敗することをまず避けようとする現代っ子の特徴が表れています。

「算数とかとちがって間違いはない,失敗とかダメなことはないから,やりたいことを考えて」
と、いけばなの授業では、強調するようにしています。

墨田区という地域がら、3世代同居していたり,御仏壇があったりする家庭が多くあります。
おそらく他の地域よりは、花を飾ることには親しんでいる児童が多いようです。

「家にお花を飾ってますか?」と聞くと、「玄関」「お仏壇」と返ってきます。
ただ,「花を自分が飾っている」児童はほとんどいません。

なので,だいたい授業の最後は、
「これからはご先祖様に感謝してお仏壇にお花を飾るときなど,ぜひ皆さんがやってみてくださいね」
と言っています。

いけばな授業の保護者の反応

いけばな授業では、保護者の方も見ていらっしゃいます。

男子児童の保護者のなかには、
「自分の息子に、こんなセンスがあったなんて」と喜ばれる方もいらっしゃいます。

また、真剣にお子様にアドバイスしだす保護者の方もいらっしゃるので、
それはそれでコミュニケーションとれてよいと考えております。

花材は持ち帰れるので,保護者の方も喜ばれるようです。

後日、学校から写真をいただきますので、またご報告しますね。de_02_1005.gif

あなたのキャリア教育や総合学習に、いけばなを取り入れませんか?

小学校、中学校での出前授業、特別授業など、
いつでもお気軽に、こちらからお問い合わせくださいm(__)m

フラワー工房Aki 岡田亜紀子