フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

市ヶ谷にある大日本印刷(DNP)のコミュニケーションプラザ ドットDNPで開かれている『はらぺこあおむし展』に行ってきました。

大人気の絵本 はらぺこあおむし

1_n

会期を延長したはらぺこあおむし展。10月31日まで

2_n

詳細ははらぺこあおむシ展のページをご覧ください。

展示スペースだけでなく、はらぺこあおむしに関連した、身体を使って行うデジタルぬり絵のコーナー、ものづくりコーナー、エリック・カール氏の絵本コーナー(自由に読めます!)などもあります。

我が子は寝っぱなしでしたが、歩けるお子さんなら、楽しいと思います。

☆常設のデジタル絵本コーナーも魅力的でした!

エリック・カール氏の手法

わたしは、絵本は「水彩や油絵、グラフィック等の手法によって絵が描かれている本」と限定して考えていました。

でも、エリック・カール氏は、ちょっと違います。

エリック・カール氏は、色の魔術師だったそうで、色づくりのスペシャリストだったようです。

まず、絵の具で色をつくり、色紙をつくります。このとき、「赤」に分類される色を何種類もつくったそうです。

その色紙で切り絵をつくるように、絵本を仕上げたそうです。

はらぺこあおむしのパズルっぽい線のつながりは、切り絵で生み出されていたんですね!!

1階にはカフェもあります。

コミュニケーションプラザ ドットDNPの1階には、カフェ『hont CAFE』があります。

3_n

各テーブルに電子書籍のタブレットが置いてあり、試読できます。

カフェのメニューは、パンケーキなど軽食があり、ランチやティータイムにぴったりです。

4_n

子ども向け施設のカフェということで、子ども連れもおります。

ただ、紙の書籍、タブレットで電子書籍を読んでいる人、仕事の話をしている人が多いので、子どもが騒いでしまわないほうがよいと思います。

はらぺこあおむし展、明日までですが、ぜひ行ってみてください。

フラワー工房Aki 岡田亜紀子