フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

産後マドレボニータ(4回コース)の第2回レッスンがありました。

前回の講座を読んでいない方は、産前産後のセルフケア講座マドレボニータの第1回レッスンをご覧ください。

産後マドレボニータ(4回コース)の第2回レッスンの大まかな流れ

産後マドレボニータのレッスンは、バランスボールを使ったエクササイズを中心に、次のように組み立てられています。

  1. 自己紹介&前回のレッスン後の気づき
  2. メインのバランスボールを使ったエクササイズと自己メンテナンス
  3. シェアリング

第1回との違いは、、、

  • 1番の自己紹介で、前回は「フルネーム、何人目の子どもか、産後何ヵ月か」だったのが、
    今回は「呼ばれたい名前」になりました。
    こうすることで、先週初めて会ったわけですが、ぐっとお互いの距離感が縮まった気がします。
  • 2番のバランスボールエクササイズでは、前回よりもテンポがゆっくりな曲を使用しました。
    こうすることで、手足の動きでごまかしがきかなくなり、身体への負荷は倍に。
    動きまくって汗だくになる感じとは違うけど、疲れました…

1_n

シェアリングの時間は自分をみる時間

第1回のときは、数秒しかなかった話の時間。

2回目は、「人生」「仕事」「パートナー」から1つテーマを選んで、3分で話します。

そして、聞き手はメモった内容を50秒にまとめてスピーチします。

シェアリングの時間の最大のテーマは「母親自身を見つめること」。

産後は、子どものことについて話す機会はたくさんあるのですが、母親自身について話すことはないどころか、注目もされないことがほとんど。
(赤ちゃんの名前は知ってるけど、お母さんの名前は知らないことがほとんどだし。)

産後の心身の回復を促すためにも、自分にスポットをあてて考えてみるのがこの時間の目的です。

なので、選択肢のなかに子どもをダイレクトにイメージさせるものがありません。

自分の「人生」「仕事」「パートナー」について話すなかで、自然と子どもの話が出てくるくらいをよしとしています。

私は「パートナー」、相手の方は「仕事」について3分間話しましたが、この時期、誰からも共通で出てきた言葉は「保育園」。

この時期、東京都のどの区でも、4月からの保育園の申し込みを受け付けています。

保育園に入れるか入れないかで、「人生」も「仕事」も「パートナー」との関係も変わってきてしまいます。

う~ん、2015年はベビーブームらしく、みな、不安しか出てきませんでした…

困った(・・;)

育休中、悩みや不安は考えだしたら止まらない…ので、できることをやっていきます。

フラワー工房Aki 岡田亜紀子