フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

秋から冬にかけて、とにかく話題になる保育園と幼稚園に関する話題を一つ。

最近、話題になっているのが、「スポーツ幼児園」です。

子どもたちの運動能力の低下、例えば平均台の上を歩けない、まっすぐ前転できない、逆上がりができない、何ともないところで転ぶetc

昔なら誰もがやっていたことをやる機会がない、できないのが現代の子どもたちです。

確かに、都心部では、園庭のない保育園が目立ちます。 午前中に公園に1時間お散歩したところで、どれだけ体力がつくのか。

今、息子を一時保育専門の保育園に預けていますが、保育園に預けるまでは朝から晩まで外で動き回っていたので、欲求不満になっていないか、日々気にしています。

そこで、来年からの預け先の候補の一つとして、「キッズ大陸あだち北千住園」の説明会に行って来ました。

キッズ大陸あだち北千住園

 

スポーツ幼児園の先駆者であるバディスポーツ幼児園は近くにないので、2番手のキッズ大陸の見学です。

スポーツ幼児園・キッズ大陸あだち北千住園の説明会に参加してきました

スポーツ幼児園なのに園庭がない!

キッズ大陸あだち北千住園は、現在工事中で、年明けに建物が完成します。 なので、説明会は、運営母体である東京未来大学で行われました。

配布資料で最初にチェックしたのは、施設の図面。

それを見てびっくり!!

1階、2階の図面だけ。

えっ園庭なし!!

スポーツ幼児園、たくさん体を動かせる、思いっきり遊べることが売りの園なのに、園庭がないなんて。。。

これだけで、保護者の私はモチベーションダウン。

ホームページでは既存園のようすを見れますし、説明会中も既存園の見学ができますとアナウンスしておりましたが、既存園のさいたま与野園は、一般にも貸し出しするような広いフットサルコートを持っていたり、保育室の屋上が校庭のようになっていたり、、、 悪いけど、これからオープンするあだち北千住園とは比較すること自体おかしな話だと思う。

既存の立派なさいたま与野園を見せておいて、保護者に期待をもたせてあだち北千住園の契約を結ぼうとしているの⁈ と思ってしまいます。

教室面は周囲の企業とのコラボ

それでは、教育に関するソフト面はどうかというと、こちらもはっきりしないことばかりです。

午前中は、週4日、プログラムが組まれていますが、体操、水泳、テニスやサッカー、どれも運動に関するものは同じ建物内のスポーツクラブ・ルネサンスの施設を利用するとのこと。 タイムスケジュール案が示されましたが、ルネサンスもまだオープンしてませんので、実際の時間や曜日は、これから決めていくとのこと。

そりゃそうですよね。

ルネサンスのスタジオやプールがどのくらいの広さ、数になるかわからないし、午前中からルネサンスを利用しに来るお客様の人数もまだわからないわけですから。

場合によっては、ルネサンスのすいている時間をあだち北千住園が利用するのであれば、時間や曜日を変更したり、スタジオやプールの利用回数を減らすことも考えられます。

北千住の駅からすぐの立地なので、スポーツクラブの加入者はかなり多くなりそうな予感がします。

教育のソフト面はすべてルネサンスがオープンしてからの状況次第。 親としては、4月からどうなるのか全くわからず、期待はできません。

なお、保育室の広さは、一室50m2ほどです。

>キッズ大陸は保育園や学童として考えて

説明会で一番発せられていた言葉が「認可保育園の結果が出てから、こちらへ入園するか否か決めていただけます」とのアナウンス。

確かに、母体の三幸学園がぽけっとランドという保育園を数多く運営していますので、保育園運営で培ったものをベースに、ちょっとスポーツに力を入れてみたという感じでしょうか。

「キッズ大陸は保育園でも幼稚園でもない幼児園」とうたっているけど、中身はほぼ保育園と考えてよいかもしれせん。

幼児園は、幼稚園でも保育園でもないので、補助金ナシ

最後に注意しなくてはならないのが、「幼児園」という枠組みです。

幼稚園や保育園として公的に認められた施設ではないので、幼稚園や保育園に入園したときの区などからの補助金は受けられませんので、注意が必要です。

我が家では、正直なところ、このキッズ大陸あだち北千住園は、入園料10万円に値する環境・内容とは思えなかったので候補から外し、昔からある土の園庭のある幼稚園や、園庭が広めの保育園を希望しようと考えております。

フラワー工房Aki 岡田亜紀子