フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

6月に長男が誕生し、まだ育児にバタバタしてるとあっという間に1日が終わってしまいます(^-^;

子連れで外出することになったら、もう一大事!!!
その日はそれ以外何もできない…

世の先輩ママ達、すごすぎる…と感心し、自分は仕事と両立できるのかなぁとか、考えてしまいます。

さすがに、まだ花の活動を再開できる感じではありませんm(__)m

☆年末、クリスマス&お正月から、お教室は再開したいなぁと考えております。
ですので、マタニティでこれはあってよかった・必要ないといったことや、育児グッズなどの話題も書いていこうと思います。

まず、今日は育児グッズのご紹介です。

ベビーのお風呂はどうする?

一般的には、沐浴は最初の1ヶ月って言われていますよね。

なので、ベビーバスはレンタルにしたり、譲ってもらったり、あまり考えないものではないでしょうか。

我が家も、親戚からベビーバスを譲り受け、キッチンで沐浴をしておりました。

1ヶ月が経過して

1ヶ月健診で問題なく、沐浴は終了してもよいと言われても、実際は…
まだ首が座らないし、やっぱりベビーだけお風呂に入れて寝かせたほうが、大人としては楽なので、結局沐浴を続けてます。

最初は小さかった我が子も、どんどん大きくなります。
特にベビーは頭でっかち。

生後1ヶ月を過ぎると、頭が重くて、沐浴時、頭を支える腕がグラグラ…

沐浴は、パパがやるときはベビーはのんびりしてますが、ママがやるときはベビーはギャン泣き
となってしまいました。

この状況、うちだけではないようで、ママ友で「これよさそう」となったのが、アップリカのバスチェアです。

生後2か月から使えるバスチェア

アップリカのバスチェアの一番の特徴は、165度までリクライニングするので、首が座る前の生後2か月から座らせて(寝かせて)、ベビーを洗うことができる点です。

0_o

1_n

2_n

まさに、2か月になり、赤ちゃんのお風呂が不安になってきたママにやさしい!!

売り文句も、「お風呂がママ一人でも安心!」となっているのがわかります。

操作も簡単です。

バスチェアについて調べてみると、固くて片手でリクライニングの操作ができないとか、日々使い終わったら折り畳むことが億劫になるとか、そう書かれてる商品もあります。

しかし、このアップリカのバスチェアは、操作も簡単で、片手でできますし、分解や組み立ても簡単で、
毎日きれいにしておくことができます。

4_n

また、日本のメーカーの心配りなのか、パーツがなくならない工夫もあります。
その一例が、チェアの前の部分、今はこのような感じなのですが、

32_n

首が座ったら、前の部分を手すりに変えます。

39_n

このように変更したとき、前のパーツをなくしそうになりますが、このチェアでは、裏面に外したパーツをしまえるようになっています。

6_n

実際に使ってみて

お風呂の床にバスチェアを置いてベビーの身体を洗うと多少腰にくるかなぁ…
という感じはあります。

しかし!!
ベビーが泣きません!

気持ちよさそうに、おとなしく座っていてくれます。

なので、ベビーせっけんを両手いっぱいにしたら、

一気に洗って
一気に流して

と、ベビーのお風呂タイムが落ち着いてスピーディーに進めることができます。

これで、パパさんがいない日のお風呂も安心です!

これ以外のおすすめアイテム

沐浴=ベビーバスしか考えていなかったのですが、バスマットもおすすめです。

バスマットの上にベビーを寝かせて使うので、両手で洗えるし、安心ですよね。

ベビーバスでなくとも、大きめの器があれば、バスマットで身体を洗ったあと、上がり湯ができます。

最近は、バスマットでこんなかわいいのもあります。

花の形がいいな♪

フラワー工房Aki 岡田亜紀子