こんにちわ。

フラワー工房Aki 岡田亜紀子です。

息子が産まれて3ヶ月ほどは、友人や親戚からいただいたお洋服で過ごしておりましたが、息子も大きくなり、季節も涼しくなってきたので、ベビー服探しがマイブームとなっております。

ベビー服はけっこうお高いことも多いけど、赤ちゃんの成長は早いから着られる期間は短いし…ベビー服選びは悩んでしまいませんか?

ベビー服のサイズと形

赤ちゃんのお洋服には、前開きのものと、頭からかぶる形のものがあります。

赤ちゃんは最初は首がすわっていないので、前開きのお洋服になります。

首がすわる時期は個人差があり、だいたい生後3ヶ月~4ヶ月とされています。

首がすわったら頭からかぶるお洋服が着れるとされていますが、首がすわってもまだ腰がすわっていないと、赤ちゃんってまだ体幹がぐらつきます。

また、まだ寝返りをしないうちなら、前開きのお洋服のほうが着せやすいです。

なので、生後4ヶ月くらいまで(赤ちゃんの身長は60~70センチ)、お洋服のサイズでいうと70センチ、大きい赤ちゃんなら80センチまでは、前開きのお洋服が活用度大です。

海外のお洋服は、日本のものより小さめと言われており、3~6ヶ月のお洋服は、2~4ヶ月くらいに着るイメージです。
※ちなみに、我が子は身長は60センチですが、お洋服は70センチか80センチです。赤ちゃんは、オムツをしてるので、

一方、90センチのお洋服で前開きのオールインワンタイプのものは、あまり活用しないと思われます。

90センチのお洋服は、一般的には1歳半~2歳とされており、この頃はセパレートタイプの普通のお洋服が主流になるからです。

「プレゼントするなら、これから着れるように少しでも大きめのものを」と考えがちですが、大きすぎても着ない可能性も。

プレゼントの際には、赤ちゃんのサイズを聞いて、すぐ着れるものか、1シーズン先のものがよいですよ。

前開きのお洋服って意外と少ない!?

一般的には3~4ヶ月で首がすわるため、70センチ以上のお洋服は、かぶりタイプが多くなります。

例えば、ユニクロのベビー肌着は、60センチは前開きロンパースですが、70センチ以上はかぶりのロンパースになります。

ん、、、でも、前述のように、首がすわっても腰がすわっていないし、赤ちゃんは1日中ねんねの時期なので、親としては前開きのほうが断然着せやすいのです。

生後3ヶ月にもなると外出の機会が増えるので、新生児とは違うデザイン性のあるアウターを着せたくなります。
アウターは、断然、かぶりタイプが多く、70~80センチのアウターで前開きを探している方、多いと思います。
そこで、私が見つけたのが次に紹介するものです。

大きいサイズのセパレート風アウターも前開きでオトク

ベビー服の通販で有名なのはベルメゾン。店舗では、西松屋が種類豊富です。

でも、ちょっと違うのがほしいとき、ありますよね?

そこで、私が見つけたのが、このブーマートというブランドです。

そこで扱っているこのセパレート風のがとてもかわいく、サイド上から下までボタン留めで着せやすいです。

2

着てみるとこんな感じです。

0

ぶたさんキャラが目立ってかわいい!!

3ヶ月~5ヶ月の丸々した赤ちゃんならではのデザインです。

少し生地が厚手なので、今の時期、冷え込む日でも下に肌着1枚でOKな感じです。

ベビー服は見ていてとても楽しいので、何かございましたらご連絡いただけたらうれしいです。

フラワー工房Aki 岡田亜紀子